ハノイからサパへの寝台バスは「サパエクスプレス(Sapa Express)」がおすすめな8つの理由

以前は寝台列車で行くのが一般的だったサパ。
高速道路ができてから、サパへのアクセスはバスが主流になりつつあります。所要時間はハノイから5~6時間。1泊2日でサパ観光ができるようになりました。

★サパへのアクセス方法はコチラを参照★

さて、ハノイからサパへのバスですが、複数のバス会社が運行しています。たくさんあって、どの会社を選んだらいいかわかりません。正直なところ、「どこの会社でも同じじゃない?」と思っていました。

しかし、先日サパエクスプレスに乗車してみて、「バスでサパへ行くならサパエクスプレスだ!」と確信しました。これを読んだら、あなたもサパエクスプレス一択になっちゃいますよ!

おすすめな8つの理由

理由1 サパのオフィスの立地がいい

サパエクスプレスの1番の魅力は、オフィスの立地です。下の地図を見てください。

ぽつんと西側に1個あるバスのマークが「サパエクスプレス」。これだけ見ると、サパエクスプレス以外の会社を選んでしまいそうですが、サパの街でにぎやかなのは「サパ教会周辺」です。たくさんのカフェやレストランが並び、サパ教会のすぐそばに、ロープウェイ乗り場に向かう登山鉄道の駅もあります。カットカット村へつながる道も、オフィスのすぐそばです。

つまり、バスが到着したら、すぐに行動をスタートできます。また、バスの出発時刻ぎりぎりまで観光を楽しむことができます。

ついでにハノイのオフィスの立地もいい

実はハノイのオフィスの立地も、かなりいいと思います。帰りはここで降車になりますが、ホアンキエム湖の近くでとってもわかりやすいです。また、バスの事前予約や代金支払いをオフィスでする場合も、行きやすいですよね。

【Googleマップ:サパエクスプレス】

※ハノイ旧市街に泊まっている場合、ハノイ発サパ行のバスはホテルへミニバスのピックアップがあります。

 

理由2 添乗員のサービスが素晴らしい

先頭を歩いている緑のジャンパーを着た小柄なお兄さん。ミニバスに乗るところまで案内してくれているところです。このお兄さんが、ピックアップからサパ到着まで同行してくれたのですが、今まで乗ったベトナムの長距離バスの中でピカイチのサービスでした。

まず、写真の道を歩いているときですが、車から私たちをガードするように先頭を歩いてくれました。こんなの初めてです。たいがい、後ろも見ずに速足でどんどん先に進んでしまうものです。

そして、寝台バスに乗ったら、スケジュールやバスいついての英語の案内がありました。何時頃サパに到着するだの、早朝はバスの中で寝ていてOKだの、トイレが後ろにあるだの…まるで日本のようです。

理由3 きれいな車内&トイレ付

中に乗り込むとベトナムでよく見かける一般的な寝台バス(スリーピングバス)でした。特別なものではないようです。しかし、車内は清潔で、トイレもついていました。ベトナムのバスは、時々、前の人のゴミが残っていることもあるのですが、私が乗ったときはそんなことはありませんでした。トイレもウェブサイトによると必ずついているようです。

理由4 お水と軽食付き

あってもなくてもよいものかもしれませんが、バスに乗り込むとお水とお菓子が配られました。小さなサービスですが、嬉しいものです。

理由5 早朝到着の場合、車内で仮眠

これは他社にもあるサービスですが、早朝到着の場合、6時までバスの中で仮眠をとることができます。というのも、22時頃出発したバスは、翌朝の3~4時頃にサパへと到着してしまうのです。

理由6 タヴァン村へのシャトルバスも運行

 

今回、私は利用しなかったのですが、大型バスに合わせてタヴァン村(ホームステイがたくさんある村)へのシャトルバスも運行しているようです。ハノイを夜に出発したら、翌朝そのままタヴァン村に直行することができますね。このプランなら1日思い切り、田園風景の中で過ごすことができます。

ちなみにタヴァンまでは片道5万ドン(約250円)とのこと。タヴァンの隣のラオチャイ村からバイタクに乗ってサパまで戻ってきたら5万ドンでした。これはなかなかお得な移動方法だと思いますよ。

理由7 お値段もお手頃価格

 

ここまで、「サパエクスプレス」がおすすめな理由をたくさん書いてきましたが、実はちょっとお高いんですよ・・・なんてオチはありません。サイトで確認してもらえばわかると思いますが、他社と同じか、プロモーションをしていれば安い場合もあります。

ハノイ→サパ(寝台・片道)・・・13ドル

ハノイ→サパ(椅子・片道)・・・16ドル

(2018年4月現在)

★サパエクスプレス公式サイト★

理由8 英語でわかりやすいウェブサイト

 https://www.sapaexpress.com/en
そして、サイトも素晴らしくわかりやすいです。さすがに日本語サイトではありませんが、英語が読めなくても写真や時間を見て理解できてしまうくらいわかりやすいサイトです。支払方法や、バスのスケジュールがしっかり書いてあるので、これなら日本から安心して予約ができそうです。

サパエクスプレス情報

2018年4月現在のサパエクスプレスの情報です。ご予約の際は、ご自分で最新情報をご確認ください。

定価料金

寝台・・・15ドル 椅子・・・18ドル (片道料金)

※往復は片道×2

※ディスカウントをする場合有り

タイムテーブル

寝台(ハノイ発)①07:30→13:00 ②22:00→03:30

椅子(ハノイ発)①07:00→12:30

寝台(サパ発) ①13:30→19:00 ②15:30→21:00

椅子(サパ発) ①16:00→21:30

オフィス住所

ハノイオフィス住所:12 Ly Thai To, Hoan Kiem, District, Ha noi

サパオフィス住所:02 Cau May street, Sapa Town, Lao Cai

ホットライン:(+84) 24.668.21555,   (+84) 984.890.055

Eメール:sales@sapaexpress.com

Webサイト:https://www.sapaexpress.com/en

サパエクスプレスのまとめ

サパエクスプレスに乗るまで、「ベトナムのバス会社なんてどこも大差ない」と思っていました。しかし、サパエクスプレスのサービスは、ベトナムの中では1歩先を行っているように思います。移動の手段にお金を払うというより、サービスに対してお金を払うというイメージです。(それにもかかわらず値段は他社と変わらない、またはそれ以下なのが素晴らしいです。)

もちろん、他社のバスでも何の問題もありません。他社のバスにも乗ったことがあります。また、サパエクスプレスは他社に比べてバスの本数が少ないという欠点があります。旅行スケジュールによっては、他社を利用した方がいいかもしれません。

はじめに「あなたもサパエクスプレス一択になっちゃいますよ!」と書きましたが、サパ行のバスは色々な選択肢があるので、自分の旅行にあった会社を検討してみてくださいね。

ハノイからサパへの寝台バスは「サパエクスプレス(Sapa Express)」がおすすめな8つの理由” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 宮崎 靖 より:

    おはようございます
    連休中に一人で1泊2日のサパ旅行は可能でしょうか?
    費用や時刻等を知りたいです。

    宮﨑

    1. vietnam-hh より:

      メールで改めて返信します。

      取り急ぎ・・・
      サパエクスプレスの料金と時刻表

      料金
      片道 13ドル
      往復 26ドル

      時刻表
      ハノイ→サパ
      バスA 寝台【ハノイ発→サパ着】 07:30発(13:00頃着)
      バスB 寝台【ハノイ発→サパ着】 22:00発(03:30頃着)

      サパ→ハノイ
      バスC 寝台【サパ発→ハノイ着】 13:30発(19:00頃着)
      バスD 寝台【サパ発→ハノイ着】 15:30発(21:00頃着)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です