ラオカイ駅からサパの街へのアクセスはローカルバスで決まり!格安150円です

列車でサパへ行く場合、ラオカイ駅からサパの街まで自分で移動しなければなりません。列車には乗ってみたいけれど、それがちょっと大変そう…と思っている方!ラオカイ駅からサパの街までは、簡単に自分でローカルバスに乗って移動できますよ。チケット制なので、ぼったくりの心配もありません!

ラオカイ駅からサパの街へのアクセス方法をご紹介いたします。

ハノイからラオカイまでの列車

ハノイ駅からラオカイ駅への列車は、2018年4月現在、1日2本です。

SP1
ハノイ発 21:35 → (7時間55分) → ラオカイ着 05:30

SP2
ハノイ発 22:00 → (8時間05分) → ラオカイ着 06:05

料金は日によって異なりますが、ベッドの席でだいたい40万ドン(約2000円)前後です。

空席情報や最新の時刻表は公式サイト(ベトナム語・英語)で確認できます。

公式サイト:https://dsvn.vn/#/

チケットは、個人で簡単に購入できます。出発日より前の購入も可能なので、ハノイに到着したら駅に行き、チケットを購入しておくといいかもしれませんね。(購入時、パスポート番号を求められる場合があります)

【Googleマップ:ハノイ駅】

ラオカイ駅ってどんな駅?

ハノイを夜出発した列車は翌日の早朝、ラオカイ駅に到着します。ラオカイ駅は、小さ目ながらも新しくきれいな駅です。

きれいな待合室があります。バスの発車時刻まで、ここで時間をつぶしてもいいかもしれません。

【Googleマップ:ラオカイ駅】

ラオカイ駅からサパへのアクセス方法

ラオカイ駅からサパの街までは車で1時間ほどです。考えられるアクセス方法は、タクシー、乗り合いのミニバス、ホテルやツアーのピックアップカー、そして路線バスといったところでしょうか。

①タクシー

駅を出ると目の前の道にタクシーが並んでいます。サパまでの料金は、まだ調査していませんが35キロ程度の道のりなので、おそらく40万ドン(約2000円)程度になると思われます。

②乗り合いのミニバス

タクシーの奥に、ずらりとミニバスが並んでいます。ひとりのドライバーに値段を確認したところ5万ドン(約250円)と言っていました。すべてのバスが5万ドンとは限らないので、乗車時にそれぞれのドライバーに値段を確認する必要があります。ミニバスは人数がそろったら出発します。

③ホテルやツアーのピックアップカー

駅を出ると、たくさんの人がネームボードを持って待っていて、まるで空港のようです。これはホテルやツアーのピックアップですね。

自分で行くのが心配な人はピックアップを頼んでしまうといいかもしれません。

④路線バス

そして最後に、今回ご紹介するローカルの路線バスです。ローカルバスというと、ミニバスよりもハードルが高そうですが…

路線バスの乗り方・料金・時刻表

ここからはこの記事のメインテーマ、路線バスの具体的な情報です。サパへ行く人、要チェックですよ。

サパ行き路線バスの乗り方

ラオカイ駅に着いたら、駅を背にして左に進みます。進むと行ってもほんの少しです。

駅舎の前に、このようなバス乗り場があります。目立っているのですぐわかるでしょう。

地図を載せるまでもありませんが・・・

【Googleマップ:サパ行きバス停】

私がバスに乗った日はチケット売りのおじさんがいました。いない場合は、車内でチケットを売りに来るのをまちましょう。ベトナムのバスは、ほとんど乗車し席に座っていると、車掌がチケットを売りに来るタイプです。

料金は格安の3万ドン

料金は3万ドン(約150円)です。ミニバスの5万ドンより安いです。さらに定額なので、交渉する必要が全くありません。これは外国人の私たちにとってはとってもありがたい!ぼったくりの心配がありません。

ちなみにハノイのノイバイ空港から市内中心部までも1時間くらいバスに乗って3万ドンです。

路線バスの時刻表

バスに時刻表が貼ってありました。バスのおじさんの説明によると、冬季はサパ6時発のバスは運行していないそうです。あまり乗ることはないと思いますが…

ラオカイ駅からサパ教会のタイムスケジュール
5:20 6:00 7:00 7:20 8:00 8:30 9:00 10:00 11:00 13:00 13:20 14:00 14:30 15:00 16:00 17:00 18:00

 

ローカルバスがオススメな4つの理由

ここまで読んでいただいて、ローカルの路線バスがおすすめだということ、わかっていただけたかと思いますが、オススメな理由をまとめてみましょう。

お得な料金とぼったくりの心配ゼロ

オススメポイント① 先にも書きましたが、料金はたったの150円、3万ドンです。さらにチケット制なのでぼったくりの心配がありません。

乗り合いのミニバスは値段を質問しなければならないし、バスによっては相場の5万ドン(約250円)より高い額を言われる可能性もあります。

広々車内でゆったり移動

オススメポイント② 乗り合いのミニバスよりもゆったりとした車内になっています。また、今のところミニバスを選ぶ人が多いせいか、車内も空いています。

窓側の席をGET!景色も楽しめる

オススメポイント③ お空いているので席を選ぶこともでき、窓側の席も容易に座ることができます。ラオカイからサパへ向かうときは左側の席がオススメです。6時発のバスだったので日の出を拝むことができました。

ミニバスに乗ってしまうと席を選ぶことができません。

到着場所はわかりやすい教会前

オススメポイント④ そして、バスは教会前のバス停に到着します。教会はサパの街の中心にあり、非常にわかりやすいです。

【Googleマップ:ラオカイ行きバス停】

サパ行きローカルバスのまとめ

列車でサパへ行く場合、ラオカイ駅からサパの街への移動は避けて通れません。乗り合いのミニバスがたくさんあり、つい乗ってしまいがちですが、路線バスという選択肢もあります。

ハノイから「SP1」に乗り5時30分にラオカイ着、6時のローカルバスでサパへ。すると、だいたい7時頃サパに到着します。7時に到着すれば朝からサパの街を楽しめます!

安くて広々車内の路線バス、列車でサパへ行くことをお考えのみなさんは利用を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です